不思議な生き物が活躍する|ゆるびーくんゆうえんちにいく

『ゆるびーくん ゆうてんちにいく』紹介 10分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人

大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。子どもが1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

うちの子は、不思議な話が大好きです。

今回は 森に住んでいる、耳の長い生き物「ゆるびーくん」のお話。友だちのさくらこちゃんの誕生日に、一緒に遊園地に行きます。みんが笑顔になれる遊園地で、どんなことが起こるのか?どんなアトラクションがあるのか?考えるだけでワクワクしますね。

本をおすすめしたい方

  • 不思議な話が好きな お子さん
  • 遊園地が好きな お子さん
  • 友だちの話が読みたい お子さん

本の難易度

対象年齢(読み聞かせ)年長さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ
ページ数64ページ
読み聞かせ時間約15分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワード遊園地 お父さん プロレスラー 友だち 不思議な生き物
おすすめ度★★★★☆
子どもウケ★★★★☆

↓文字の大きさはこれくらいです。

本の内容(ネタバレ注意)

森にすむ不思議な生き物、ゆるびーくんは人間の小学校に通っています。今日は友だちのさくらこちゃんの誕生日。さくらこちゃんのおとうさんに遊園地に連れて行ってもらいます。

プロレスラーのお父さんがファンに囲まれたり、乗り物に酔ってしまったり、いろんなハプニングに見舞われます。不思議なことも起こります。無事に家に帰れるでしょうか?

ユーモアたっぷりのお話です。

作者紹介

作者は、斉藤 洋(さいとう ひろし)さんです。1952年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。現在、亜細亜大学教授。『おばけずかん』シリーズ、「ナツカのおばけ事件簿』シリーズが人気です。

絵は、武田 美穂(たけだ みほ)さんです。1959年生まれ。『ざわざわ森のがんこちゃん』シリーズや『はたらきもののナマケモノ』シリーズがあります。

シリーズ一覧

『ゆるびーくん』シリーズは3冊刊行されています。(2024年5月現在)

  • ゆるびーくんえんそくにいく
  • ゆるびーくんのうんどうかい
  • ゆるびーくんゆうえんちにいく

次に読むおすすめ本

遊園地の楽しい幼年童話を紹介します。

はじめて遊園地に行くおとのさまのビックリ!『おとのさま、ゆうえんちへいく』

ゾロリの作る奇想天外な遊園地が楽しい!絶対に乗りたくないアトラクションがいっぱい!『かいけつゾロリの きょうふのゆうえんち』

以上、『ゆるびーくんゆうえんちにいく』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました