大人にも読んで欲しい | 古事記 日本の神さまの物語

『古事記 日本の神様の物語』紹介 児童書

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人

大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。子どもが1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

うちの子は昨年から最強王図鑑にはまっています。神話にも興味を持ち出し、神様について調べています。

今回は 現存最古の歴史書『古事記』を子供向けにリライトされた『古事記 日本の神さまの物語』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 歴史が好きな お子さん
  • 神話に興味がある お子さん
  • 名作を読ませたいと思っている親御さん
  • 活字が苦手な大人の方

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢小学3年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字すべて出てきます。すべての漢字にルビが振られています。
ページ数154ページ
読み聞かせ時間約80分(推理時間をのぞきます。ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル児童書
構成プロローグ・9話・エピローグ
キーワード歴史 古事記 神様
おすすめ度★★★★★
子どもウケ★★☆☆☆(内容が難しいので、好みが分かれます)

本の内容

むかしむかし、日本がまだ、島にもひとかたまりの土にもなっていないころから「古事記」の物語ははじまります。
その後、神さまたちが力を合わせたり、ちがう国へ冒険に行ったり・・・!
ふしぎでおもしろい、日本の神話の世界を、あれちゃんこと稗田阿礼も登場するなど、楽しく読みやすくお届けします。

出版社紹介文
  1. イザナギとイザナミ
  2. 黄泉の国
  3. 天の岩戸
  4. ヤマタノオロチ
  5. いなばの白うさぎ
  6. 根の国の物語
  7. 小さな神さま
  8. コノハナサクヤひめ
  9. ウミサチとヤマサチ

稗田阿礼と太安万侶のナビゲーションで物語がすすんでいきます。巻頭で登場人物が紹介されているので、わかりやすいです。

子どもは途中までしか読んでくれませんでした。読む人をかなり選ぶかもしれません。

私自身は古事記を初めて読んだのですが、イザナギとイザナミの日本を創造したシーンが衝撃的でした。昔の人々はおもしろい考え方をしたんですね。

シリーズ一覧

『10歳までに読みたい日本名作』シリーズは10冊刊行されています。(2024年5月現在)

  • 少年探偵団 対決!怪人二十面相
  • 里見八犬伝
  • 東海道中膝栗毛 弥次・北のはちゃめちゃ旅歩き!
  • 坊っちゃん
  • 平家物語
  • 銀河鉄道の夜
  • 注文の多い料理店/野ばら
  • 古事記 日本の神さまの物語
  • 源氏物語 姫君、若紫の語るお話
  • 走れメロス/くもの糸

『10歳までに読みたい世界名作』シリーズは30冊、『10歳までに読みたいミステリー』シリーズは10冊刊行されています。(2024年5月現在)『10歳までに読みたいミステリー』が特におすすめです。

おやごさんにおすすめの本

神様の世界に迷い込んでしまった谷原芽衣が、神様が宿泊する旅館で働く話『神様たちのお伊勢参り』がおすすめです。神様のために奮闘する姿は心打たれます。毎回古事記に出てくる神様が登場するので、楽しみながら古事記の知識が身につきます。

オーディブルでも聞くことができます。(2024年5月現在)

Amazon.co.jp: Audibleオーディオブック
Audibleオーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

以上、『古事記 日本の神さまの物語』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました