【60分で読む子供の本】アチチの小鬼

5.0
『アチチの小鬼』紹介 40分以上で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

うちの子たちは、おもしろい話が大好きです。想像していなかったことが起きるので、ハラハラ・ドキドキがたまりませんよね。

今回は、おじいちゃんの作るお話と髪型がおもしろすぎる『アチチの小鬼』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 関西弁の本が読みたい お子さん
  • おもしろい話を読みたい お子さん
  • リズムのいい話を探している おやごさん

本の難易度

対象年齢(読み聞かせ)年長さんくらい~
(一人読み)2年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字すべて出てきます。漢数字以外にはルビが振られています。
ページ数144ページ
読み聞かせ時間55分~60分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル日本の幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
構成5話(①サキザキくんの特技 ②たのまれたら ③ゆでたまごのあくび ④ウミンバの指輪 ⑤アチチの小鬼)

↓文字の大きさはこれくらいです。

本の内容

ぼくは小学3年生。ぼくのおじいちゃんは最高。おじいちゃんはかっこよくて、おもしろい話をたくさんしてくれる! 人の話を最後まできかんと横取りして「サキザキくん」と呼ばれた男の子の話や、あいそよく人に頼まれたらなんでもいうことをきいているうちに、魔女に眠れるおひめさんを紹介されたり今回の話は5話。なかでも「アチチの小鬼」はおすすめ。おじいちゃんが話のところどころで、ぼくに質問する。ぼくが「知らん」いうたら負けだ。かんたんそうで、これがむずかしい。

産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞の『願いのかなうまがり角』とおなじおじいちゃんと孫がおくる関西弁のユーモアあふれる連作短編。

出版社の紹介文より

おじいちゃんが小学3年生の孫に、たのしい創作話をします。

作り話ですが、本当だったらいいな、というワクワクするお話ばかりです。おじいちゃんの髪型を見るだけで笑えます。

なかでも一話目の『サキザキくん』が、本当にいたら嫌だけど、憎めないキャラクターでおもしろかったです。

田中六大さんの絵がお話に合っていて、おもしろさが倍増です。

作者紹介

作者は、岡田 淳(おかだ じゅん)さん。1947年兵庫県生まれ。代表作品に『こそあどの森の物語シリーズ』などがあります。

絵は、田中 六大(たなか ろくだい)さん。1980年東京生まれ。代表作品に、『おしっこもらスター』、『ふしぎなえき』。挿画は『日曜日シリーズ』『おとのさまシリーズ』などがあります。

シリーズ一覧

『おじいちゃんとぼく』シリーズは、現在3冊刊行されています。今月発売される『いいわけはつづくよどこまでも』も楽しみですね。

  • 願いのかなうまがり角
  • そこから逃げだす魔法のことば
  • アチチの小鬼
  • いいわけはつづくよどこまでも(2024年5月27日 発売予定)

次に読むおすすめ本

  • わがままおやすみシリーズ

関西弁でテンポのいいお話です。毎日使っていたモノが1日お休みをとって、一緒に出かけたり、遊んだりします。

  • おとのさまシリーズ

現代を生きる わがままで好奇心旺盛なおとのさまが、新しいことに挑戦する物語です。おとのさまの奇想天外な行動に、おもわず笑顔になります。

以上、『アチチの小鬼』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました