『1ねん1くみの女王さま えんそくラララ』紹介と子どもの愚痴の聞き方

『1ねん1くみの女王さま えんそくラララ』紹介 10分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上読破。

次男のダイちゃんは、よく友だちの不満を言います。返答に困ることも多いのですが、話を聞いてあげて、同調せずにいろんな人がいるよね、と伝えるようにしています。自分の居場所でさえ不満をぶつけられないと、子どももストレスがたまってしまいますよね。

今回は、わがまま・自分勝手な女の子との接し方に悩んでいる女の子を描く『1ねん1くみの女王さま えんそくラララ』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 友だちの本を読みたい お子さん
  • 遠足の話を読みたい お子さん
  • 友だちとの関係に悩んでいる お子さん

本の難易度

当サイトおすすめ対象年齢(読み聞かせ)年中さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字(すべての漢字にルビが振られています。)
ページ数96ページ
読み聞かせ時間約15分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワード小学1年生 遠足 アスレチック スタンプラリー お弁当
おすすめ度★★★★☆
子どもウケ★★★★☆

本のあらすじ

1年1組は、みんなで遠足に行きます。すずちゃんは、楽しみな反面、少し不安に感じています。女王様みたいに自分勝手でわがままな ひめかちゃんと同じ班になってしまったのです。すずちゃんは、遠足を楽しむことができるでしょうか?

おすすめポイント

小学校の遠足を疑似体験できます。班のみんなで協力してスタンプラリー(ウォークラリー)をして、一緒にお弁当を食べ、自由時間にはみんなで遊びます。

いろんな友だちがいるんだけど、みんな素敵な部分があるんだよ、という思いがつまっています。

遠足が徒歩20分の公園ということに、次男のダイちゃんは違和感を感じていたようでした。ミニ遠足かな?近くにこんな遠足があるなんて、うらやましいです!

作者紹介

作者は、いとう みくさんです。神奈川県に生まれ。うちの子は『おねえちゃんって』シリーズが好きです。『キナコ』もおすすめです。

絵は、モカ子さんです。広島県出身、奈良在住。絵本作家。京都精華大学 美術学部卒業。 あとさき塾14期生。 インターナショナルアカデミー 絵本教室終了。

うちの子たちは『ルンバさん』シリーズが好きでした。

シリーズ一覧

『1ねん1くみの女王さま』シリーズは、現在3冊刊行されています。

  • 1ねん1くみの女王さま
  • 1ねん1くみの女王さま おたのしみ会で大さわぎ
  • 1ねん1くみの女王さま えんそくラララ

遠足の幼年童話

以上、『1ねん1くみの女王さま えんそくラララ』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました