友だち

児童書

【仙台の伝統的な七夕まつりのおはなし】七夕の月

仙台の伝統的な七夕まつりで起きた、奇跡のおはなし『七夕の月』を紹介します。二人の少年が、病気のおばあちゃんの願いを叶えるため、奮闘するおはなしです。
20分台で読む幼年童話

【25分で読む 集団登校のおはなし】ふしぎな つうがくろ

小学1年生のひろとくんが、集団登校に向かう途中出会う不思議な出来事をえがいたおはなし『ふしぎな つうがくろ』を紹介します。四季を感じることができるおはなしです。
10分台で読む幼年童話

【10分で読む 春のおはなし】おばけのナンダッケ はじめてのともだち

小さなおばけのナンダッケは、考えごとが大好物。今回は、シャボン玉のおかげで虹色に光り見えるようになったナンダッケが、はじめての友だちにドキドキ・ワクワク『はじめてのともだち』を紹介します。
10分台で読む幼年童話

【15分で 消防士の本】ひみつのとっくん

リレーでチームの足をひっぱってしまい、いじわるされたことで心が折れてしまった小学3年生の少年を応援する消防士さんのおはなし『ひみつのとっくん』を紹介します。
20分台で読む幼年童話

【20分で読む 推理を楽しむ本】ぼくはめいたんてい だいじなはこを とりかえせ

名探偵ネートがロザモンドからの「占いの売り上げを入れる箱を探してほしい」という依頼を調査する『ぼくはめいたんてい だいじなはこを とりかえせ』を紹介します。
10分台で読む幼年童話

【15分で読む 学校のおはなし】おはなしきょうしつ

新一年生・小学校低学年のお子さんにおすすめ!学校の備品たちの本当の気持ちがわかる⁉『おはなしきょうしつ』を紹介します。学校の備品たちや筆記用具が見守ってもらえると思うと、学校が楽しくなりそうですね。
30分台で読む幼年童話

【30分で読む 関西弁の本】防災室の日曜日 カラスてんぐととうめい人間

賞味期限 間近のチョコレートが、誰かに食べてもらいたいと奮闘する『防災室の日曜日 カラスてんぐととうめい人間』を紹介します。
30分台で読む幼年童話

【30分で読む 関西弁の本】家庭科室の日曜日 ももたろうが おおすぎる!

こどもの城の文化祭で、『ももたろう』の劇をすることに決めた 家庭科室のみんなが、桃太郎に会いに出かけ、トラブルに巻き込まれる『家庭科室の日曜日 ももたろうが おおすぎる!』を紹介します。学校の備品たちに命が吹き込まれるだけでなく、図書館の本の中のキャラクターまで… 想像しただけで、すごすぎます。
30分台で読む幼年童話

【海の仲間の本】ぼくは気の小さいサメ次郎といいます

外見でいつも怖がられているサメ次郎が、友だちを作りたい!と勇気を出すおはなし『ぼくは気の小さいサメ次郎といいます』を紹介します。海の仲間がたくさん出てきます。
10分台で読む幼年童話

【15分で読む おばけの本】モン太くん 空をとぶ

ドラキュラの子どものモン太くんが、お母さん・お父さんと一緒に空の旅をする『モン太くん 空をとぶ』を紹介します。ほうきで空を飛ぶお母さんがうらやましくてたまらないモン太くんに、お父さんがあるものを作ってくれます。