【15分で読む 動物の本】おはなしどうぶつえん

『おはなしどうぶつえん』紹介 10分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

動物って、見ているだけでも癒されますよね。どんなことを考えているのでしょうか?

今回は、動物たちの本当の気持ちがわかる⁉『おはなしどうぶつえん』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 動物の話が好きな お子さん
  • おもしろい話が好きな お子さん
  • リズムのいい話を探している おやごさん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)年中さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・かたかな
ページ数63ページ
読み聞かせ時間15~20分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル日本の幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
構成30話(ライオン・シロクマ・サイ・ゴリラ・キリン・トラ・カンガルー・フラミンゴ・ダチョウ・カバとワニ・ゾウ・パンダ・ハリネズミ・ナマケモノ・チーターとヒョウ・クジャク・カピバラ・ニホンザル
ヒツジ・シマウマ・アルマジロ・キツネとタヌキ・イノシシ・オオカミ・ニシキヘビ・スカンク・マンドリル・ウサギ・トナカイ・コアラ)
おすすめ度★★★★☆
子どもウケ★★★★☆

本の内容

見開きで1話、全部で30話つまっています。動物たちの ひとりごとや、親子の会話、友だち同士のやりとりの一口童話です。

私のおすすめは『ナマケモノ』のお話です。一日中 木に頑張ってぶらさがっているのに、『ナマケモノ』と呼ばれることにすごい顔で怒っている姿をみて、関心するとともに、ナマケモノの表情が笑えます。

作者紹介

作者は、さいとう しのぶさんです。1966年、大阪府堺市出身。多数の絵本を執筆されています。たのしい食べ物の話が多いですね。

我が家では、『まほうのでんしレンジ』『まほうのれいぞうこ』『おにのおにいさん』が人気です。

シリーズ一覧

現在3冊刊行されています。(2024年5月現在)

  • おはなしだいどころ
  • おはなしきょうしつ
  • おはなしどうぶつえん

次に読むおすすめ本

  • びっくり!どうぶつデパート(絵本)

デパートに買い物に行ったら、動物たちが買い物をしていた!動物たちのオシャレを楽しんでいる姿が楽しいお話です。『ま、いっか!』でおなじみのサトシンさん作品です。

  • まよなかのくしゃみたいかい

動物たちが元気がない!理由をさぐると、実はまよなかにくしゃみたいかいをしていた!というお話です。くだらないことを必死で頑張る動物たちの姿が楽しいお話です。

シリーズに、『まよなかのおならたいかい』『まよなかのいびきたいかい』があります。

以上、『おはなしどうぶつえん』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました