【10分で読む幼年童話】しりとりのくに

『しりとりのくに』紹介 10分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

子どもは しりとりが好きですよね。すきま時間にできるので、わが家でも 待ち時間によくやります。語彙を増やせるのもうれしい点です。

今回は、しりとりを終えないと出ることのできない世界に迷い込む『しりとりのくに』を紹介します。しりとりをしながら 冒険を繰り広げる楽しいお話です。

本をおすすめしたい方

  • しりとりが好きな お子さん
  • 冒険の話が好きな お子さん
  • 空想が好きな お子さん
  • 絵本から幼年童話に進みたい おやごさん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)年中さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字すべて出てきます。すべての漢字にルビが振らすべての漢字にルビが振られています。
ページ数79ページ
読み聞かせ時間約10分
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワードしりとり 不思議な話 冒険
おすすめ度★★★★★
子どもウケ★★★★★

本のあらすじ

カナちゃんが道を歩いていると、『しりとりのくに』と書いてある大きな門を見つけました。門の中へ入ると、しりとり大王が待ち構えていて、「この国に入ったら、しりとりを完成させないと出られないぞ」といいます。早速、しりとりが始まりました。

カナちゃんが「アンコ」と答えるとアンコの行列に、「コブタ」と答えるとコブタのいる公園に飛んで行ってしまいます。

カナちゃんは無事、しりとりのくにを出ることができるのでしょうか?

おすすめポイント

一緒にしりとりを考えたり、次はどんな乗り物になるのか考えたり、カナちゃんと一緒に楽しんで読み進めることができます。

なんでもしりとりをしているご家庭では、3文字以上しりとりも挑戦するきっかけになりますね。

作者紹介

1937年、東京生まれ。絵本、挿絵を中心に活躍中。主な作品に『劇団どうぶつ座旗揚げ公演 パンダのぱんや』『劇団どうぶつ座 第二回公演 王様はどなた?』『くもきちせんせい』『チョコレートのまち』などがあります。

わが家では、『あしにょきにょき』や『せかいいちのぼうし』『そらとぶパン』『へんてこマンション』が人気でした。

しりとりの絵本

一緒に楽しめるしりとりの絵本はたくさんあります。

たべものやさんの食べものたちが、一生懸命しりとりをする、ほっこり楽しいお話です。「ん」で終わる食べものたちが退場する寂しげな表情が忘れられません。

4人の作家の共同作品で、いろんなテイストのイラストが楽しめます。想像力がふくらむ本です。

「おかあさんといっしょ」の歌を絵本にしたものです。ようかいがたくさん出てきて、楽しい絵本です。

以上、『しりとりのくに』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました