【30分で読む 忍者の本】にんじゃざむらい ガムチョコバナナ スカイとりいのまき

『にんじゃざむらい ガムチョコバナナ スカイとりいのまき』紹介 30分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上読破。

今回は、お殿様から依頼を受け、火の見やぐらと展望台のふたつの役割を持つ「スカイとりい」のお披露目式ひろめしきの警備をする忍者 侍3人組のおはなし『にんじゃざむらい ガムチョコバナナ スカイとりいのまき』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 忍者が好きな お子さん
  • おもしろい話を読みたい お子さん
  • リズムのいい話を探している おやごさん
  • 四字熟語を学んでほしい おやごさん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)年長さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字。(カタカナ・すべての漢字にルビが振られています。)
ページ数88ページ
読み聞かせ時間約30分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワード忍者 お菓子 スカイツリー お殿様 
おすすめ度★★★★☆
子どもウケ★★★★★

本のあらすじ

火の見やぐらと展望台のふたつの役割を持つ「スカイとりい」がついに完成しました。お披露目会が始まりますが、連日の雨で地盤が緩み、記念に行われたゾウ・お相撲さんのショーによって地盤がさらに緩み、スカイとりいが町にむかって歩き始めてしまいました。ガムべえ、チョコざえもん、バナナうまの三人は、町を守ることができるのでしょうか?

作者紹介

作者・絵は、原 ゆたか(はら ゆたか)さんです。1953年熊本県生まれ。作品に『ほうれんそうマン』シリーズ、『かいけつゾロリ』シリーズがあります。

作者・絵は、原 京子(はら きょうこ)さんです。東京都生まれ。和光大学芸術学科卒業。わが家では、「くまのベアールとちいさなタタン」シリーズ、「イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話」シリーズが人気です。

シリーズ一覧

『名門フライドチキン小学校』シリーズは4冊刊行されています。

  • にんじゃざむらい ガムチョコバナナ エビフライてんぐのまき
  • にんじゃざむらい ガムチョコバナナ 大どろぼう五えもんのまき
  • にんじゃざむらいガムチョコバナナ スカイとりいのまき
  • にんじゃざむらいガムチョコバナナ ばけものりょかんのまき

以上、『にんじゃざむらいガムチョコバナナ スカイとりいのまき』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました