【海の仲間の本】ぼくは気の小さいサメ次郎といいます

『ぼくは気の小さい サメ次郎といいます』紹介 30分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上読破。

今回は、外見でいつも怖がられているサメ次郎が、友だちを作りたい!と勇気を出すおはなし『ぼくは気の小さいサメ次郎といいます』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • 海の生き物が好きな お子さん
  • 冒険が好きな お子さん
  • 友だちの本が読みたい お子さん
  • 手紙を書きたい お子さん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)1年生くらい~
(一人読み)3年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字(すべての漢字にルビが振られています。)
ページ数120ページ
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワード海の生き物 手紙 郵便局 友だち 優しい話
おすすめ度★★★★★
子どもウケ★★★★★

本のあらすじ

さいとうサメ次郎は、顔が怖いので、みんな逃げてしまい、友だちができません。でも、本当は気が小さくて、声をかける勇気がありません。

ある日、ウミガメのカメ次郎に出会います。カメ次郎は、サメ次郎を怖がったりせず、ずっと気になっていた ラッコのプカプカの民宿へ連れて行ってくれます。サメ次郎に友だちはできるでしょうか?

SNSが普及した昨今、手紙のよさが再認識されている気がします。「あなたの味方はきっといる」というメッセージが詰まった優しい本です。

作者紹介

作者は、1958年東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。

絵は、高畠 純(たかばたけ じゅん)さんです。1948年愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学美術科卒業。個性的なタッチが楽しいですね。

わが家では、『どうぶつたいじゅうそくてい』『どうぶつしんちょうそくてい』『「えいっ」』『おどります』が人気でした。

シリーズ一覧

「クジラ海のお話」シリーズは、6冊刊行されています。(2024年7月現在)

  • ぼくはアフリカにすむキリンといいます
  • わたしはクジラ岬にすむクジラといいます
  • オットッ島のせいちゃん、げんきですか?
  • おいらはコンブ林にすむプカプカといいます
  • ぼくは気の小さいサメ次郎といいます
  • あっしはもしもし湾にすむカメ次郎ともうします

読んでほしい絵本

「外見だけで判断してはいけないよ」というお話です。

以上、『モンスターホテルで めしあがれ』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました