【12分で読む 学校の本】おばけのバケロン おばけがっこうへ いこう!

『おばけのバケロン おばけがっこうへいこう!』紹介 10分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。長男が1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も次男に読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

子どもの話を聞いていると、昔通っていた小学校とは 全然違うな、と感じます。出席番号は男女混合で、下駄箱は教室の前、タブレットは一人一台で、プログラミングや英語教育も充実してる。中学で初めてパソコンを触った私には、うらやましい限りです。先生にもよりますが、自由度が増した気がします。

今回は、おばけの女の子 バケロンの通うおばけがっこうに、人間のおばけのバケロン おばけがっこうへいこう!女の子 たまちゃんが見学にいくおはなし『おばけのバケロン おばけがっこうへ いこう!』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • おばけの学校に興味がある お子さん
  • おもしろい話が好きな お子さん
  • 好奇心を広げて欲しい おやごさん
  • リズムがいい本を探している おやごさん
  • 優しい物語を探している おやごさん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)年長さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ(カタカナにルビあり)
ページ数79ページ
読み聞かせ時間約12分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワードおばけ 学校 友だち 不思議な話
カメ 打楽器
おすすめ度★★★★★
子どもウケ★★★★★

あらすじ

おばけのバケロンと、人間のたまちゃんは、大のなかよしです。たまちゃんは、バケロンの通う おばけがっこう に見学しに行くことになりました。個性のある友だちに会い、一緒に給食を食べます。音楽の授業にも参加します。しかし、困ったことがおこってしまい…

おすすめポイント

給食が、カフェテリアでのビュッフェ形式で、海外の給食を思わせます。フランスの語学学校に行ったとき、こんな感じやったな、と懐かしくなりました。

作者紹介

作者は、もとした いづみさんです。絵本・童話作家。わが家では、『セブンの行事えほん』シリーズや、『まよい みちこさん』を楽しみました。

絵は、つじむら あゆこさんです。1964年、香川県生まれ。武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業。我が家では、『おねえちゃんって』シリーズや『おばけのポーちゃん』シリーズが人気です。『マーメイドガールズ』シリーズも気になります!

シリーズ一覧

『おばけのバケロン』シリーズは8冊刊行されています。

おばけの学校の本

おばけかぞくシリーズの『おばけのえんそく』は、おばけ兄弟の遠足へ行く様子が描かれています。

ゾロリがようかいの子どもたちを遠足につれていくおはなしです。「ゾロリ」シリーズには、妖怪学校の生徒たちがたくさん出てきますね。

おばけのポーちゃんシリーズは、おばけがっこうが舞台です。個性的なおばけや、おばけの学校行事を楽しめます。

本を読んで「ひとこと」

学校は、「楽しい」がいちばん!
周りの人・モノを大切にしよう!

以上、『おばけのバケロン おばけがっこうへ いこう!』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました