妖怪・おばけが好きなキッズにおすすめ!おばけのポーちゃん おばけかいぞく

『おばけのポーちゃん おばけかいぞく』紹介 20分台で読む幼年童話

※この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人

大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。子どもが1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

うちの子どもたちはおばけの話が大好きです。現実世界にはない不思議を楽しんでいるのでしょうか?でもおばけやしき・ホラー映画は苦手です(笑)

今回は、おばけなのにおばけが怖い!かなしばりおばけのポーちゃんのお話 第2弾『おばけかいぞく』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • おばけの話が好きな お子さん
  • 冒険の話が好きな お子さん
  • かわいい絵が好きな お子さん
  • リズムのいい話を探している おやごさん
  • 一人読みができる本を探している おやごさん

本の難易度

対象年齢(読み聞かせ)年中さんくらい~
(一人読み)1年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字すべて出てきます。すべての漢字にルビが振られています。
ページ数79ページ
読み聞かせ時間約25分
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
構成3話(①ふなゆうれい ②にんぎょ ③うみぼうず)
キーワードおばけ 学校 海賊

↓文字の大きさはこれくらいです。

本の内容

ポーちゃんは、おばけなのに、とてもこわがり。そんなポーちゃんがある日、宝の地図を見つけました。「ぼく、カッコイイ海賊になる!」と舟で宝探しに出発です。ところが、海にはこわ~いおばけがいっぱい。舟幽霊や、人魚、海坊主などが現れ、舟を沈めようと襲いかかってきました。ポーちゃんは、泣き虫じゃない、カッコイイ海賊になって、宝を見つけることができるのでしょうか…? こわいけどこわくない、楽しいお話です!

怖い妖怪たちが、感情豊かにコミカルに描かれています。漫画のようなコマ割りのページもあり、読書が苦手なお子さんでも、読みやすいです。

おすすめポイント

巻頭・巻末ページにぽーちゃんの家族(おじいちゃん・おばあちゃん・ママ・パパ)が紹介されています。

でも、全員本文には出てこない!次回以降、いつ登場するのか楽しみですね。

シリーズ一覧

おばけのポーちゃんシリーズは現在14冊刊行されています。(2024年5月現在)

  • おばけのポーちゃん(1) おばけどうぶつえん
  • おばけのポーちゃん(2) おばけかいぞく
  • おばけのポーちゃん(3) おばけえんそく
  • おばけのポーちゃん(4) がっこうのおばけ
  • おばけのポーちゃん(5) おばけのなつやすみ
  • おばけのポーちゃん(6) おばけのたんけん
  • おばけのポーちゃん(7) きもだめしキャンプ
  • おばけのポーちゃん(8) おばけのおばけやしき
  • おばけのポーちゃん(9) きょうふ!おばけまつり
  • おばけのポーちゃん(10) こわいぞ!おばけりょこう
  • おばけのポーちゃん(11) なぞのおばけめいろ
  • おばけのポーちゃん(12) ぶきみ!ドクローランド
  • おばけのポーちゃん(13) おばけのひみつきち
  • おばけのポーちゃん(14) おばけのたんじょうび

以上、『おばけのポーちゃん おばけかいぞく』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました