【20分で読む子どもの本】ぞくぞく村の とうめい人間サムガリー

『ぞくぞく村の とうめい人間サムガリー』紹介 20分台で読む幼年童話

こんにちは、読み聞かせ大好き ナノハ(@nanoha630)です。

この記事を書いた人
大阪在住の専業主婦。子どもは2013年生まれ男子・2016年生まれ男子。子どもが1歳のときから月100冊以上の絵本・児童書の読み聞かせを行う。現在も読み聞かせ続行中。2023年10月からaudibleで聴く読書をしている。月20冊以上、累計100冊以上読破。

誕生日プレゼントを考えるのって、本当に悩みますよね。相手を喜ばしたい!ビックリさせたい!と思うと、なかなか決まりません。

今回は、誕生日プレゼントを求めて、宝探しに出かける『とうめい人間サムガリー』を紹介します。

本をおすすめしたい方

  • おばけ・妖怪の話が好きな お子さん
  • 冒険の話が好きな お子さん
  • おもしろい話が好きな お子さん
  • リズムがいい本を探している おやごさん

本の難易度

当サイトおすすめの対象年齢(読み聞かせ)年長さんくらい~
(一人読み)2年生くらい~
文字ひらがな・カタカナ・漢字すべて出てきます。(漢数字以外の漢字にルビが振られています。)
ページ数76ページ
読み聞かせ時間約20分(ゆっくり音読した時間です。人により前後します)
ジャンル幼年童話(すべてのページに挿絵あり)
キーワードおばけ 優しい話 おもしろい話 宝の地図 冒険 
おすすめ度★★★★★
子どもウケ★★★★★

本のあらすじ

舞台はおばけばかりが住んでいる ぞくぞく村 。今回の主人公は、とうめい人間のサムガリーさんです。

サムガリーさんは奥さんの誕生日プレゼントを買いにミイラのラムさんの骨董品店に行きました。そこで、宝の地図をもって宝探しに行こうと誘われます。

地図をもとに宝探しをはじめますが、なかなか見つかりません。果たして宝は本当にあるのでしょうか?無事に奥さんを喜ばせることはできるのでしょうか?

おすすめポイント

宝の地図をもって宝探しに行く、夢のあるおはなしです。宝を目の前にして、必死に知恵をしぼる3人の姿は見ものです。

ミイラのラムさんの包帯をはずした姿が、衝撃的でした。

『とうめい人間サムガリー』の登場人物

  • とうめい人間のサムガリーさん
  • ミイラのラムさん
  • 魔女のオバタン
  • 雪女のユキミダイフク
  • トリドリ
  • 大へび

作者紹介

作者は、末吉 暁子(すえよし あきこ)さんです。1942年神奈川県生まれ。青山学院短期大学英文科卒業。出版社に勤務して、おもに児童図書の編集をした後、創作活動に専念されています。

わが家では、『ざわざわ森のがんこちゃん』シリーズや『やまんば妖怪学校』シリーズ、『きょうりゅうほねほねくん』シリーズが人気です。

絵は、垂石 眞子(たるいしまこ)さんです。神奈川県茅ヶ崎市出身。 湘南の砂浜で遊び、江ノ島を見て育つ。 現在は、あきる野市で美しい緑をながめて暮らしている。 多摩美術大学卒業。 サンリオ入社。退社後、子どもの本の世界に入る。

わが家では、『しばいぬチャイロのおはなし』が人気です。

シリーズ一覧表

ぞくぞく村は、現在19冊刊行されています。(2024年5月現在)

購入するときや、図書館で借りるときに便利なように一覧を作りました。よければご利用ください。

透明人間のおはなし

低学年・中学年向けです。

宝さがしのおはなし

中学年向けです。

高学年向けです。

高学年向けです。

以上、『ぞくぞく村の とうめい人間サムガリー』の紹介でした。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました