20分台で読む幼年童話

【20分で読む 推理を楽しむ本】ぼくはめいたんてい だいじなはこを とりかえせ

名探偵ネートがロザモンドからの「占いの売り上げを入れる箱を探してほしい」という依頼を調査する『ぼくはめいたんてい だいじなはこを とりかえせ』を紹介します。
10分台で読む幼年童話

【15分で読む 学校のおはなし】おはなしきょうしつ

新一年生・小学校低学年のお子さんにおすすめ!学校の備品たちの本当の気持ちがわかる⁉『おはなしきょうしつ』を紹介します。学校の備品たちや筆記用具が見守ってもらえると思うと、学校が楽しくなりそうですね。
児童書

【80分で読む 冒険の本】トム・ソーヤの冒険 (10歳までに読みたい世界名作) 

今回は、1876年頃のアメリカで起こった、わんぱくでいたずらな男の子の大冒険を描いた『トム・ソーヤの冒険』 (10歳までに読みたい世界名作) を紹介します。
20分台で読む幼年童話

【25分で読める まつりの話】おばけのポーちゃん  こわいぞ!おばけりょこう

おばけなのにおばけが怖い!かなしばりおばけのポーちゃんが、家族で秘宝の眠る島に旅行に行くおはなし『おばけのポーちゃん こわいぞ!おばけりょこう』を紹介します。
30分台で読む幼年童話

【30分で読む 関西弁の本】防災室の日曜日 カラスてんぐととうめい人間

賞味期限 間近のチョコレートが、誰かに食べてもらいたいと奮闘する『防災室の日曜日 カラスてんぐととうめい人間』を紹介します。
30分台で読む幼年童話

【30分で読む 関西弁の本】家庭科室の日曜日 ももたろうが おおすぎる!

こどもの城の文化祭で、『ももたろう』の劇をすることに決めた 家庭科室のみんなが、桃太郎に会いに出かけ、トラブルに巻き込まれる『家庭科室の日曜日 ももたろうが おおすぎる!』を紹介します。学校の備品たちに命が吹き込まれるだけでなく、図書館の本の中のキャラクターまで… 想像しただけで、すごすぎます。
児童書

【70分で読む モンスターの本】モンスター城のお客さま

小学生向けの 短編集『モンスター城のお客さま』を紹介します。約10分で読めるおはなしが 7話で構成されているので、読み聞かせにもピッタリです。モンスターが出てきますが、愛のあるおはなしが詰まっています。
児童書

【30分で読む 学校の本】資料室の日曜日 にげたひこぼしをさがせ!

落とした歯を、剥製のシカがと資料室の仲間たちが探しに行って、トラブルに巻き込まれる『資料室の日曜日』を紹介します。
30分台で読む幼年童話

【海の仲間の本】ぼくは気の小さいサメ次郎といいます

外見でいつも怖がられているサメ次郎が、友だちを作りたい!と勇気を出すおはなし『ぼくは気の小さいサメ次郎といいます』を紹介します。海の仲間がたくさん出てきます。
10分台で読む幼年童話

【15分で読む おばけの本】モン太くん 空をとぶ

ドラキュラの子どものモン太くんが、お母さん・お父さんと一緒に空の旅をする『モン太くん 空をとぶ』を紹介します。ほうきで空を飛ぶお母さんがうらやましくてたまらないモン太くんに、お父さんがあるものを作ってくれます。